過払い金の発生する仕組み

なぜ過払い金が発生するのでしょうか。そもそも過払い金というのはどういうものなのでしょうか。過払い金とは、本来は支払わなくても良い利息の事を指します。利息は「利息制限法」という法律で上限が決められています。その上限を超えて利息を支払う必要はありません。利息制限法の上限を超えた金利で支払っていた利息は、本来は支払わなくても良い利息ですから、返してもらう事ができるのです。
利息制限法で金利の上限が決められているのに、貸金業者などはそれを超えた金利で貸し出しをしていました。簡単に言うと法律を守っていなかったのです。法律を守らずに貸し出しをしていたために、過払い金が発生したのです。
このような仕組みで過払い金は発生します。本来は支払わなくても良い利息ですから、返還してもらうのは当然の権利なのです。
過払い金が問題となってからは、貸金業者も利息制限法で定められている金利の上限を超えずに融資を行っています。ですから、ここ最近でキャッシングやカードローンを利用した人は過払い金が発生していない可能性があるでしょう。しかし、それでも過払い金が発生している可能性はあります。自分で計算できなければ法律事務所に相談してみると良いでしょう。

注目記事

banner
過払い金の返還請求の事務所選び

記事を見る

banner
過払い金の発生する仕組み

記事を見る

banner
利息制限法と出資法

記事を見る

Copyright(c) アヴァンス法務事務所で債務整理. All Rights Reserved.