利息制限法と出資法

「グレーゾーン金利」とは、利息制限法の金利よりも高く、そして出資法の金利よりも低い金利の事です。金利に関する法律として利息制限法と出資法があり、それぞれが定めている金利が異なるのです。
現在では法律が改正されましたが、過去には金利に違いがあったためにグレーゾーン金利が発生しました。具体的な金利を上げてみると、100万円以上の融資をするときには、利息制限法では15パーセントの金利が上限ですが、出資法の上限は29.2パーセントでした。15パーセントから29.2パーセントの間の金利がグレーゾーン金利と呼ばれる金利です。
貸金業者は、このグレーゾーンの金利で融資を行っていました。法律的には利息制限法の上限を超えた場合には無効になりますから、その分だけの利息については返還される事になるのです。
では、なぜ出資法の上限を超えずに貸し出しをしていたのでしょうか。利息制限法の上限は超えて貸し出していたのに、出資法の上限は超えていなかった業者がたくさんあったのです。これは、法律の違いがあります。出資法の上限金利を超えると刑罰の対象になりますが、利息制限法の上限金利を越えても罰則はないのです。そのために、出資法の上限は超えなかったのでしょう。

注目記事

banner
過払い金の返還請求の事務所選び

記事を見る

banner
過払い金の発生する仕組み

記事を見る

banner
利息制限法と出資法

記事を見る

Copyright(c) アヴァンス法務事務所で債務整理. All Rights Reserved.